FC2ブログ

スターチス

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ児童文学

小学生の頃、ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」と「モモ」が好きで、図書室でよく読んでました。
「はてしない物語」の日本版は赤い表紙にアウリンの印があって、物語通りの装幀に感動したものです。

どちらも映画化しましたが、映像としては「モモ」の静かな恐怖に興奮してました。
自分の描いてるものに似合わず、あの様な作風が凄く好みです。

当時はよく分かってないまま読んだ部分が多いだろうから、今読むと違うんだろうな。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。